投稿

神奈川県の回答に対して、再考願いを提出しました。(30年8月12日)

イメージ
神奈川県知事 黒岩祐治殿 神奈川県知事特別秘書 千田勝一郎殿 神奈川県環境農政局農政部水産課長 滝口直之殿 神奈川県県土整備局河川下水道防砂海岸課長 峯村徹哉殿 神奈川県水産技術センター企画資源部主任技師 片山俊之殿 神奈川県県土整備歌仙河川下水道部砂防海岸課なぎさグループグループリーダー 荒井千里殿 神奈川県環境農政局水・緑部 水産課港湾グループ技師 川上亮一殿



「磯焼け対策協議会」の提案と設置の要望書についての返答に対する再考願い

大変御返事が遅くなりましたが、どうしても回答に見解の相違があるため
ご再考を願い申し上げます。

1)5月2日付けでいただいた(回答)に対して(差戻し)ー

まず、私の3月9日に提出させて頂いた要望書は、黒岩祐治知事宛でありましたが、

海岸管理者の神奈川県より返事が来ました。5月2日付け

イメージ
アンダーラインの文面納得いかず、もう一度資料を見直すことにした。
黒岩祐治神奈川県知事殿                                       平成30年3月9日      
        『磯焼け対策協議会』の提案と設置の要望書 
NPOアイデアルリーフ代表 田中俊樹  
 神奈川県は、東京都心より気軽に車や電車で来れる場所に位置し、その中でも相模湾沿岸は、海水浴やヨットやダイビング、サーフィンを始めとする色々なマリンスポーツを楽しむことのできる絶好の立地条件を持った地域です。  また、相模灘に浮かぶ富士や江ノ島は、古くから北斎をはじめとする芸術家を魅惑し、現在も多方面の芸術作品を産み出しそれらが、『湘南』と言う名のブランドの根底に流れ一つの文化となっています。
 さて、神奈川県は、2020年東京オリンピック・パラリンピックのヨット競技種目を藤沢市の江ノ島で開催することが決定しています。

 また今回新しくオリンピック種目となったサーフィンやウィンドサーフィンも湘南が発祥の地であり、約200万人の愛好者のうち4分の一にあたる50万人が、湘南の海に訪れていると言われています。そのため多くのオリンピック候補選手が、この神奈川の海を練習場として日々活動しています。
 一方、この同じ海では、多くの漁業者が、生活を営む場所でもあります。 今後、ヨットレースのコース設定における定置網の位置関係や遊漁船などに対する新たな規制や保証などを話し合う必要があります。又、スキーの競技場のコースをデザインするのと同じように一宮では、サーフィンゲレンデを作るための海浜や海底の整備なども合わせて漁業者との話し合いが必要だと思われます。 2020年神奈川でのオリンピック・パラリンピックを期に、オリンピックレガシーとなるような海面と海岸の整備をする良い機会と捉えています。
 このような多様な人々のニーズに応える海浜、海面、海底をより良い環境に整備再生していくためには、新しい海の法の整備と漁業権などの規制緩和が必要だと思われます。
 全国に先駆け神奈川県と各自治体は、未来の子供たちに向け、早急に整備事業計画を立案し、町民、市民、県民、国民そして海外からの来訪者が気軽に美しく整備された海で安らいだり、時代にあったスポーツを多くの人が手軽に安全に楽しむことのできるような環境作りを推進していく必要があると痛感しています。 そのためには、今全国的に大…